オーストリア レーシング キャンプ 日本公式ホームページ

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



updated 2016-04-19

オーストリア レーシング キャンプについて

レーシング(アルペン種目)スキーヤーにとって、最高レベルの環境とトレーニングをご用意します

オーストリアレーシングキャンプは、ワールドカップスラローム種目別チャンピオン、9度のオーストリア選手権優勝に輝く、
フーゴー・ニンドルが主催する、レーシングスキー専門キャンプです。

オーストリアレーシングキャンプのトレーニングコンセプトは、世界的に有名なオーストリアスキー教程とアルペンスキートレーナー研修を基に作られており、1975年の創業以来、多くのスキーヤーがキャンプを通じて、オーストリアナショナルチームへと進んでいます。

参加者は、小学生のキッズから、中高生のジュニアレーサー、FISレーサー、マスターズレーサーまで、また日本をはじめ、アメリカ、韓国、
ロシア、北欧・イタリア等のヨーロッパ諸国を含め、世界中からスキーヤーが集まる、国際色あふれるキャンプです。

キャンプは、1週間単位のプログラムで細密化されており、濃縮かつレベルに応じたトレーニングが行われます。

また国内のスクール経営者・トレーナーの皆様が、海外でスキーキャンプを自主開催されたい場合のプログラムも用意しており、
その場合は、トレーニングバーン・ポール・ドリル等の備品・リフト券・宿泊・食事・空港送迎などを手配させて頂きます。

クリックすると拡大します。

2016夏オーストリアレーシングキャンプ

2016年6月5日〜8月5日

40を超えるポールバーン、ハードなピステ、ロングランを可能とする広大なゲレンデ、
世界最高レベルの練習環境と、経験・実績に基づくトレーニングプログラム。
多数の選手をナショナルチームへと送り込んで来た、オーストリアレーシングキャンプの
2016夏期キャンプを、オーストリア:ヒンタートックススキー場にて開催致します。

LinkIcon2016夏オーストリアレーシングキャンプ 参加者募集中

LinkIconInformation & News

チームオリジナルキャンプにてHEADサマーレーシングキャンプを開催致します。
LinkIconHEADサマーレーシングキャンプはこちら

オーストリア レーシング キャンプ 4つの特徴

特徴1【練習環境】

国内オフシーズンに最高クラスの練習環境でトレーニングが可能

国内オフシーズンの夏(7〜8月)秋(10〜11月)にかけて、キャンププログラムを用意しています。約30セットにも及ぶ、ポール専用トレーニングバーンが常設されており、標高3,000m近くで行われるハードなピステでの練習は、国内では得難い濃密なトレーニングとなります。

ARCについてLinkIcon

特徴2【コーチングスタッフ】
アルペン大国オーストリアのトレーナー、ワールドカップ引退後のレーサーが直接指導

アルペンスキー最強国と言っても過言ではない、オーストリアの国家資格取得者(スキートレーナー・教師)を中心とし、更にワールドカップから引退して間もないレーサーが直接指導にあたります。また医師、理学療法士、メンタルトレーナーなどのサポート体制も万全です。

スタッフ紹介へLinkIcon

特徴3【プログラム】
コーチ1人あたりの生徒数が選択可能、日本人コーチによる指導プログラムも有ります

コーチ1人に対して生徒数を選択出来るプログラムなので、短期間で集中的に効果を上げたい、少人数の仲間と競い合いながら技術を高めたいなど、幅広いニーズにお応えしています。またコミュニケーションに不安がある場合は、日本人コーチによる指導プログラムも用意しています。

プログラム・料金へLinkIcon

特徴4【海外キャンプの自主開催にも対応】
国内のスクール・チームに朗報!練習バーン、ポールなど、環境面のみの手配も可能

国内のスクール・チームの経営者・コーチの皆様に向けたプログラムです。現地でキャンプを行うにあたり必要とする環境(トレーニングバーン、ポール、ドリル等の備品、リフト券、宿泊、食事、送迎等)のみを用意致します。キャンプを自主開催したい皆様にお勧めのプログラムです。詳しくはお問い合せ下さい。

チームオリジナルキャンプについてLinkIcon